ホーム > 市政情報 > 指定管理者制度 > 公の施設とは

更新日:2017年2月6日

ここから本文です。

公の施設とは

地方自治法第244条第1項において、「住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設」と定義されています。

概ね、次の要件を満たすものとされています。

  • 住民の利用に供するものであること
  • 当該地方公共団体の住民の利用に供するためのもの
  • 住民の福祉を増進する目的をもって設けるもの
  • 地方公共団体が設けるもの
  • 施設であること

「公の施設」の主な対象施設

  • レクリエーション・スポーツ施設(体育館、競技場、国民宿舎、キャンプ場 など)
  • 産業振興施設(農水産物加工施設、展示場施設、販売施設 など)
  • 基盤施設(公園、住宅、駐車場、上・下水道施設、防災施設 など)
  • 文教施設(公民館、図書館、文化施設、コミュニティセンター など)
  • 医療・社会福祉施設(保育所、児童館、病院、健康増進施設、公衆浴場 など)

対象外施設

試験研究所、官公庁舎、競輪・競馬場、留置場 など

※施設の管理が地方公共団体あるいは長に限定されている「学校、河川、道路 など」については、それぞれの個別法が優先されることから、指定管理者制度の導入はできないとされています。

お問い合わせ

総務企画部企画課行政経営戦略係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9403

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?