ホーム > 市政情報 > ふるさと納税 > 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

更新日:2021年3月11日

ここから本文です。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

地方創生応援税制トップイメージ

日置市では、市外に本社を置く企業の皆様からの寄附(企業版ふるさと納税)による「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」を実施し、人口減少の克服と地域活性化による地方創生を推進し、「働いてよし 住んでよし 訪ねてよし ふれあいあふれてよし」の目標を掲げ、選ばれるまちの形成に向けて取り組みます。

まち・ひと・しごと創生寄附活用事業

「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」とは、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附を募集し、その寄附金を財源として実施する事業です。日置市では、人口減少対策や地域に活力をもたらすことを目的に策定された、第2期日置市まち・ひと・しごと創生総合戦略に位置付けられた27事業について、地域再生計画の認定を受け寄附を募集しています。日置市が取り組む地方創生にご賛同とご理解をいただき、寄附をご検討くださいますようお願いいたします。

【企業版ふるさと納税寄附募集事業一覧】

寄附募集事業(具体的施策) 事業内容
1.創業支援事業 「しごと」にチャレンジしたい個人等に、「創業支援セミナー」や「創業塾」を開催し創業を支援します。受講者は、各種支援制度が利用できます。
2.新規創業者スタートアップ支援事業(令和3年度~) 地域活性化と産業振興のため、市内で創業する方に対して創業に要する経費の一部を支援します。
3.工場等立地促進補助等 市内に工場等を新設増設する場合等に、一定額の補助を行い企業等の規模拡大を支援します。または、新増移設企業が地元で新規雇用を行う場合に補助金を交付します。
4.合同企業説明会の開催 高校生や保護者向けに、将来の就職に向け考える機会として、地元企業との連携による合同企業説明会を開催します。
5.農林水産業の後継者、新規就業者及び担い手農家への支援 後継者や新規就業者に、技術習得から就業後の定着までの期間、生活費や所得の支援を行います。
6.新規作物の開拓支援 1次産業の活性化や後継者、新規就農者の生産意欲向上のため、地域に適した新規作物の生産及び拡大を支援します。
7.農業IoTの活用 農業IoTを活用し、篤農家の栽培技術を共有し、新規就農者の確保と生産性の向上を図ります。
8.日置市らしさを感じる魅力と活力あふれるまちづくり計画 道路拡張等を行うことにより、観光資源を結ぶ効率的な道路網のネットワーク化や森林施業における効率化を図ります。(市道・林道整備)

9.商品開発支援事業

(令和3年度~)

本市の特色を活かした商品の開発を行う事業者に、商品開発に係る経費の一部を支援します。
10.薩摩国広域輸出促進事業 県貿易協会等と連携した地域産品のプロモーション事業を行うことで、物流構築の強化と観光資源のPRを一体的に展開します。
11.オリーブ産業プロジェクト 6次産業化(生産・加工・流通)の更なる体制構築により基幹作物として位置付け、新商品開発やイベントを通じた消費喚起による地域経済活性化を図ります。
12.母子保健事業(不妊治療関係事業) 不妊に悩む夫婦の精神的負担及び経済的負担の軽減のために、不妊治療の助成を行います。また、産後の体調や育児に不安のある母子を対象に、心身のケアや子育て環境を整えるノウハウなどの支援を受けられるよう助産所等の入所費用の一部助成を行います。
13.マタニティボックス配布事業 赤ちゃんの誕生を祝い、今後の健やかな成長を願い、地元企業と連携し子育てグッズを詰め合わせたマタニティボックスを配布し、子育てしやすいまちづくりを目指します。
14.子ども医療費の助成 「中学校卒業まで」子ども医療費助成を実施し、経済的負担の軽減を図ります。
15.ひおきふるさと教育の推進 本市の伝統文化、魅力ある素材を学習内容とした授業を展開し、児童生徒がふるさとに対する理解を深め、「礼節」「郷土愛」「自然愛」「奉仕」といった道徳性を身に付けられるよう風格ある教育を推進します。
16.子ども支援センターの充実 臨床心理士の配置等により子どもたちやその保護者に対するきめ細かい相談支援体制の強化を図るとともに、各種相談機関との連携により、総合的な相談支援の充実と強化に取り組みます。
17.過疎地域移住定住促進事業 市外から補助対象地区に移住、転入した場合に、一定要件を満たす方に対して助成します。また、子育て世帯や地元業者による新築等で移住の場合には助成金上限額を増額します。
18.空き家改修補助事業 市内の空き家等を居住又は簡易宿所として活用する場合、改修リフォーム費用等を助成します。地元業者による施工の場合補助上限額を増額します。
19.バスツアーの充実 本市の観光名所や季節ごとに楽しめる魅力発信のためにバスツアーを実施し、本市の良さを知ってもらい交流人口の増加を目指します。
20.スポーツ合宿の助成 スポーツや文化等の団体が市内の宿泊施設を利用し、合宿等を行う場合に宿泊費用の一部を助成し、スポーツや文化を通じた交流人口の増加を図ります。
21.観光PR武将隊プロジェクト 戦国島津ゆかりの地としての歴史的強みを活かし、「戦国島津」に統一した対外的アプローチを行い認知度向上による交流人口の増加と、「よしとし軍議場」を拠点とした甲冑着付体験等、武将になれるまちとしての認知度向上を図ります。

22.ひおきの民創出プロジェクト(令和3年度~)

日置市の歴史・文化・自然・伝統等に魅了されたファンをさらに創出するため、ふるさと納税返礼品として体験型商品のメニュー化や、空き家のお試し居住等を展開することで、関係人口の拡大を図ります。
23.公共交通の維持・確保 市民の移動手段を確保するため、交通不便地域での乗合タクシーやコミュニティバス事業を実施します。
24.自主防災組織の充実・強化 地域の防災力を充実・強化するため、防災知識の普及啓発など自主防災組織に対する支援を行います。

25.生ごみ回収事業

(令和3年度~)

家庭から出される生ごみを回収し堆肥化することで、自然環境に配慮した循環型社会を目指す安心安全なまちづくりに取り組みます。
26.地区振興計画の推進 地区公民館が策定した地区振興計画に基づいて、各地区の地区活力の維持・存続に係る課題や、健康づくり・地域見守り等の支援を地区公民館と市が協働して取り組みます。
27.日置市女性センター銀天街の充実・強化

日置市女性センター銀天街において、セルフケアや自己肯定感の理解を深めることなど活動が定着される中で、個人を尊重し、多様な個性を生かす意識の醸成を図り、幅広い年代が気軽に立ち寄れる施設を目指します。

 

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の概要

地方創生応援税制とは、地方公共団体による寄附活用事業に対して寄附した企業の法人住民税、法人税、法人事業税の控除により、寄附額の約6割に相当する額が税額控除される制度です。地方公共団体に対する法人の寄付に係る損金算入措置による軽減効果(約3割)と合わせて、最大で寄付額の約9割に相当する額が軽減されます。

制度概要2

内閣府企業版ふるさと納税ポータルサイト「制度概要」から引用

寄附の方法

  1. 寄附の申込
  2. 寄附の主な要件
    • 寄附額の下限は10万円です。

      本社が所在する地方公共団体への寄附については対象外となります。なお、この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所又は事業所」です。

      寄附の代償として、経済的利益を受け取ることは禁止されています。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)寄附申込企業

平成29年度から現在まで、下記の企業様から寄附をいただいています。皆様のご支援に感謝申し上げます。

【平成29年度】

寄附企業名 住所 寄附プロジェクト名
株式会社鹿児島銀行 鹿児島県鹿児島市金生町6番6号 健やかにはぐくむひおきっ子支援事業
株式会社サザンウィッシュ 東京都中央区日本橋3-15-2

 

【平成30年度】

寄附企業名 住所 寄附プロジェクト名
株式会社鹿児島銀行 鹿児島県鹿児島市金生町6番6号 健やかにはぐくむひおきっ子支援事業
観光PR武将隊プロジェクト

 

【令和元年度】

寄附企業名 住所 寄附プロジェクト名
株式会社鹿児島銀行 鹿児島県鹿児島市金生町6番6号 健やかにはぐくむひおきっ子支援事業
観光PR武将隊プロジェクト
株式会社ムジャキフーズ 東京都渋谷区恵比寿四丁目20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー16階
観光PR武将隊プロジェクト

 

【令和2年度】

寄附企業名 住所 寄附プロジェクト名
平和リース株式会社 宮崎県宮崎市高千穂通1丁目9番20号 オリーブ産業プロジェクト
インターマン株式会社 鹿児島県鹿児島市中央町10
キャンセビル6F
マタニティボックス配布事業
株式会社大成ホーム 鹿児島県志布志市志布志町志布志3-3-7
中央ロード工業株式会社 鹿児島県鹿児島市吉野町2767番地15
株式会社武元順壱アトリエサンク 鹿児島県鹿児島市吉野町3152番地23

寄附申出企業

  観光PR武将隊プロジェクト

寄附事業の紹介

健やかにはぐくむひおきっ子支援事業

マタニティボックス配布事業

赤ちゃんの誕生を歓迎し、今後の健やかな成長を願い、紙おむつや地元企業の商品など育児に必要な商品を詰め合わせた「マタニティボックスひおきコウノトリ便」を配布し、子育て世帯の負担軽減と企業支援を絡めた取り組みとして実施しています。

マタニティボックス

マタニティボックス(圧縮)

マタニティボックス

マタニティボックス内商品

観光PR武将隊プロジェクト

鹿児島の戦国武将「島津」ゆかりの地の強みに着目し、市職員で構成する武将隊の結成や甲冑姿でのPR、SNSでの情報発信や、体験型施設の整備により、「武将になれるまち」のイメージ定着と、観光客から「選ばれる地域」「目的になる地域」を目指して実施しています。

ひおきPR武将隊

よしとし軍議場

ひおきPR武将隊

「戦国島津体験館」よしとし軍議場

オリーブ産業プロジェクト

「オリーブ」に着目し、新たな産業創出として生産・加工・流通までの6次産業化の体制を構築させ、日置市内で完結できるように事業実施しています。鹿児島オリーブ(株)との協働推進によりオリーブのPR・振興を図りつつ、純日置市産のオリーブオイルの製造・販売や、オリーブ石鹸・化粧品開発にも取り組み販売しています。今後も新商品開発やイベントを通じた「日置市産」オリーブの認知度の向上・拡大と消費喚起による地域経済の活性化を図っていきます。

オリーブ収穫(最小圧縮)

オリーブ商品(石鹸・化粧品)
オリーブ収穫の様子 オリーブ商品(石鹸・化粧品)

日置市産オリーブオイル

日置市産オリーブオイル

寄附の手続きについてのお問い合わせ先

本市の対象事業に賛同し、寄附をご希望の場合は、お電話、電子メール等でお気軽にお問い合わせください。

寄附の手続きについてのお問い合わせ先

〒899-2592
鹿児島県日置市伊集院町郡一丁目100番地
日置市役所総務企画部企画課政策推進係
電話番号:099-248-9403(直通)
メール:seisaku@city.hioki.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務企画部企画課政策推進係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9403

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?