ホーム > 市民のくらし > 健康・医療 > 熱中症を予防しよう!(更新日:令和4年6月28日)

更新日:2022年6月28日

ここから本文です。

熱中症を予防しよう!(更新日:令和4年6月28日)

熱中症予防と新型コロナ感染予防を両立させよう!太陽

【注意】気温が高くなるこの季節、屋外のマスク着用により熱中症のリスクが高まります!

マスクをつけると皮膚からの熱が抜けにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなります。

暑さを避け、水分を取るなどの「熱中症予防」と、

マスク、換気などの「新型コロナ感染予防」を両立させましょう!

熱中症を防ぐために屋外ではマスクを外しましょう(ウイルス対策は忘れずに!)

  • 十分な距離を保てる場所では、マスクを外しましょう
    • 屋外で人との距離が2メートル以上離れているとき
    • 特に運動する時は忘れずにマスクを外しましょう!
    • マスクを外す

マスク着用時に気を付けて欲しいこと

  • 激しい運動は避けましょう!
  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう!
    • 1日あたり1.2リットルを目安に
    • 大量に汗をかいたときは塩分も忘れずに!

気温、湿度が高いときは特に注意!

暑さを避けましょう

涼しい服装日傘帽子などを着用

少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動

涼しい室内に入れなければ外でも日陰へ

マスクを外そう

エアコン使用中もこまめに換気をしましょう

【注意】一般的な家庭用エアコンは室内の空気を循環させるだけで、換気は行っていません。

窓とドアなど、2カ所を開ける

扇風機や換気扇を併用する

換気窓の解放

暑さに備えた体づくりと日頃から体調管理をしましょう

  • 暑さに備え、無理のない範囲で適度に運動【「やや暑い環境」で
    • 「ややきつい」と感じる強度で毎日30分間程度
      • 注)水分補給は忘れずに!
  • 毎朝など、定時の体温測定健康チェック
  • 体調が悪いときは無理せず自宅で静養

水分補給

知っておきたい熱中症に関する大切なこと

熱中症警戒アラート発表時は熱中症予防行動の徹底を!

運動は原則中止。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動してください。

日陰へ

熱中症による死亡者の約8割が高齢者

約半数が80歳以上ですが、若い世代も注意が必要です

高齢者の熱中症は半数以上が自宅で発生

高齢者は自宅を涼しくしましょう

若い世代は屋外での作業中、運動中に注意が必要です。

高齢者、子ども、障がいをお持ちの方々は熱中症になりやすいので十分注意しましょう

周囲の方からも積極的な声掛けをお願いします。

関連資料

熱中症予防のために(厚生労働省啓発リーフレット)1熱中症予防のために(厚生労働省啓発リーフレット)2

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部健康保険課保健予防係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9421

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?