更新日:2017年12月26日

ここから本文です。

オリーブ事業

日置市は、「地理的特性と歴史や自然との調和を生かしたふれあいあふれる健やかな都市づくり」を基本理念に、平成18年度に第1次日置市総合計画を策定しました。この計画の「産業経済」の中で、「自然風土や産業基盤を生かした活力ある産業群の育成」を目指しています。

また、農林業分野の目指すべき方向性を「支援体制の強化による高付加価値農業の推進」とし、農業振興を進め、農業の自立を図る基本計画の一環として、「オリーブの6次産業化」に取り組んでいます。

オリーブ事業の始まり

地域活性化や産業振興を官民で推進するため、平成24年5月、株式会社鹿児島銀行と包括的業務協力協定を締結しました。その中で「日置市地域活性化構想」の新産業創出として「オリーブ6次産業化」があげられ、オリーブ事業が開始されました。

平成25年7月には、野村グループとオリーブ産業に関する業務協力協定を結び、三者で6次産業化に向けて取り組むこととなりました。栽培・生産に関しては日置市が、加工・販売に関しては鹿児島銀行と野村グループが担いながら、オリーブの6次産業化を進めていくこととなりました。

栽培・生産について

植栽風景

栽培風景

平成25年度から本格的に栽培を開始しました。

初めに、日置市の気候に合った品種を選定するため、試験圃場(日置市東市来町湯田地内)に15品種、約650本のオリーブを植栽しました。平成27年度からは品種をしぼり、オリーブの収穫を目的とする市民の方々に向けて苗木の購入補助を始めました。

平成27年度には1,684本、平成28年度には1,102本の苗木を配布し、平成29年12月現在、日置市全域で約4,000本のオリーブが植栽されています。最終的には市内全域で20,000本の植栽を目標にしています。

加工・販売について

平成26年10月に、オリーブの産地化に向け、鹿児島銀行や市内企業6社等の出資により「鹿児島オリーブ(株)」を設立しました。

鹿児島オリーブ(株)は、オリーブを軸にした事業を展開し、商品開発、ブランド化、販路開拓など、オリーブによるまちづくりを推進しています。

鹿児島オリーブと協働することで、日置市がオリーブの産地として定着することや、県都鹿児島市と隣接する地理的特性を生かし、既存の観光農園との広域的な農業観光の確立による交流人口の増加と移住定住の促進を目的としています。

オリーブ専門店「Vigore」

Vigore

日置オリーブ農園

オリーブ専門店「Vigore」において、オリーブオイルの販売を開始しました。

このオリーブオイルは、イタリア・スペインのオリーブ栽培農園と提携した「日置オリーブ農園」で収穫された果実から作られ、オリーブジャパン2016国際オリーブコンテストにおいて、金賞・銀賞を受賞しました。

ナチュラルスキンケアブランド「OLIVA ANGEL」

平成28年10月、「OLIVA ANGEL(オリーブアンヘル)」というナチュラルスキンケアブランドを立ち上げました。

高品質のエキストラバージンオリーブオイルを配合した化粧品は、楽天オンラインショップでデイリーランキング1位を獲得した実績もあり、多くの方々に使用していただいています。

6次産業化に向けて

日置市産オリーブオイル

日置市産オリーブ新漬け

平成29年度には、オイル用の約89kgの果実を収穫し、初の日置市産オイルをしぼることができました。

採油施設(日置市東市来町湯田地内)も完成し、平成30年度からは、イタリア産・スペイン産とともに、日置市で生産された果実から作られた純日置市産のオリーブオイルを、皆さまの食卓にお届けできる体制が整ってきました。

お問い合わせ

産業建設部農林水産課オリーブ推進係

899-2501 日置市伊集院町下谷口1960番地1

電話番号:099-273-8870

FAX番号:099-273-8877

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?