ホーム > 市民のくらし > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症関連 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報(更新日:令和3年8月24日)

よくある質問と回答 事業者向け情報 入札情報・各種補助金

蓬莱館からのLIVE映像を自由に動かせます

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する情報(更新日:令和3年8月24日)

皆さまにおかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の咳エチケット咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえるや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いします。
また、風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくようお願いします。
集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。
換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(外部サイトへリンク)

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(外部サイトへリンク)

次の症状がある方は鹿児島県の「受診・相談センター(保健所)」にご相談ください

症状

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいづれかがある場合
  • 重症化しやすい方(注)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    • 注)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
  1. 症状が4日以上続く場合は、必ずご相談ください
  2. 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください
  3. 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です

電話相談窓口

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

相談後、医療機関にかかるときのお願い

帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

(妊婦の方へ)

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)

小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

新型コロナウイルスを防ぐには(令和2年2月17日改訂版)(外部サイトへリンク)

風邪のような症状がある場合

発熱などの風邪症状が見られるときには、学校や会社を休み外出を控えてください。また、毎日体温を測定して記録しておいてください。

感染しているのではないかとの不安から適切な相談をせずに医療機関を受診する方がいると、かえってご自身が医療機関において感染するリスクも高めることになります。

手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人込みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防に御注意いただくようお願いします。

感染の拡大を防止するためには、学校や企業、社会全体における理解に加え、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備が大切であり、テレワークや時差通勤も有効な手段であります。関係の皆さまのご協力をお願いします。

県内の発生状況

鹿児島県(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

2月25日に政府の「新型コロナウイルス感染症対策本部」が開催され、新型コロナウイルス感染症対策の基本方針が決定しました。この基本方針では、現在講じている対策と、今後の状況の進展を見据えて講じていくべき対策を整理しています。

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解

令和2年2月24日に、「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」が開催されました。
専門家会議から、政府が定める新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解が示されました。
この見解には、国民の皆様にお願いしたいことのほか、日本国内の感染状況の評価、新型コロナウイルス感染症について判明してきた事実がまとめられています。

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解(外部サイトへリンク)

 

なお、新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや重症度を見ながら適宜見直すこととしています。

詳しくは次のページをご覧ください。

SNS心の相談について(厚生労働省)

今般の新型コロナウイルス感染症の影響による心の悩みについて、チャット形式で相談を受け付けております。

受付時間:平日(18時00分~21時30分)
土日祝日(14時00分~21時30分)

(注)なお、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談を行いたい方は県が設置している電話相談窓口、新型コロナウイルス感染症が疑われる方は、県が開設している帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部健康保険課保健予防係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9421

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?