ホーム > 市民のくらし > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症関連 > マスク着用の考え方および就学前児の取り扱いについて

更新日:2022年5月26日

よくある質問と回答 事業者向け情報 入札情報・各種補助金

蓬莱館からのLIVE映像を自由に動かせます

ここから本文です。

マスク着用の考え方および就学前児の取り扱いについて

5月20日、国から新型コロナウイルス感染症にかかるマスク着用の考え方および就学前児の取り扱い示されましたのでお知らせします。

鹿児島県および日置市においては感染者数が横ばい状況にあるため、今後も基本的な感染対策を行い、状況を踏まえた対応をお願いします。

概要

  • 基本的な感染対策としてのマスク着用の位置づけは変更しない。
  • 身体的距離が確保できないが、会話をほとんど行わない場合のマスク着用の考え方の明確化
  • 就学前の児童(2歳以上)のマスク着用について、オミクロン株対策以前の取り扱いに戻す。

マスク着用の考え方

身体的距離(2メートル)が確保できる場合
  屋内(注) 屋外
会話を行う

着用を推奨する
(十分な換気など感染防止対策を講じている場合は外すことも可)

着用の必要はない
会話をほとんど行わない 着用の必要はない 着用の必要はない

 

身体的距離が確保できない
  屋内(注) 屋外
会話を行う 着用を推奨する 着用を推奨する
会話をほとんど行わない 着用を推奨する 着用の必要はない

(注)外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など

  • 夏場については、熱中症防止の観点から、屋外の「着用の必要はない」場面で、マスクを外すことを推奨。
  • お年寄りと会う時や、病院に行くときなどハイリスク者と接する場合にはマスクを着用する。

小学校就学前の児童のマスク着用について

2歳未満乳幼児

引き続き、マスク着用は奨めない

2歳以上

以下のとおり、オミクロン株対策以前の新型コロナウイルス対策の取り扱いに戻す。

「保育所などでは個々の発達の状況や体調などを踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない。なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる」

関連資料

​​​​​​屋外・屋内でのマスク着用について(PDF:332KB)

子どものマスク着用について(PDF:160KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部健康保険課保健予防係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9421

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?