ホーム > 産業・ビジネス > 産業 > 農業 > 農業委員会 > 農地を農地以外にしたい場合

更新日:2019年3月26日

ここから本文です。

農地を農地以外にしたい場合

農地を農地以外(住宅・駐車場・資材置場・山林等)に転用する場合、又は、売買・贈与・交換・貸借して転用する場合は農地法の許可が必要です。転用する農地の面積が2ha以下の場合は農業委員会の許可が、2ha超の場合は農業委員会を通じて県知事の許可が必要です。なお、次の事項に該当すると、許可されない場合があります。

  1. 農業振興地域の整備に関する法律第8条に規定する農用地区域内にある場合
  2. 転用事業の確実性が認められない場合
  3. 災害の発生や農業用用排水施設・周辺農地に被害を及ぼすおそれがある場合
  4. 一時転用の場合、農地への原状回復が確実と認められない場合
  5. その他、農地法の許可基準を満たさない場合

許可を受けないで転用した場合は、農地法違反となり罰則の対象となります。

申請書類

2haを超える場合、2部提出してください(1部はコピー可)。

  1. 許可申請書(欄等が不足した場合は、別紙を用いて記載してください)
  2. 土地登記事項全部証明書
    • 名義人と申請人の住所・氏名が一致しない場合、その疎明資料(住民票・戸籍の附票・戸籍等)
    • 相続登記未済の場合、相続登記に必要な書類(戸籍謄本・系譜図・遺産分割協議書等)
  3. 位置図(申請地が日置市内でどこに位置するかを図示する図面)
  4. 案内図(住宅地図等で申請地の場所を図示)
  5. 地籍図(事業計画地と隣接地の地目を記載)
  6. 配置図(事業計画地全体をどのように使うのかを図示。住宅等の場合は、合併浄化槽・排水経路の位置を図示。建築物・工作物と隣接地境界までの距離を図示)
  7. その他図面(建築物・工作物の平面図など。山林では断面図が必要な場合もあります。)
  8. 事業計画書(一般住宅・農家住宅・山林以外の場合)
  9. 資金証明書(融資証明書・残高証明書等)
  10. 申請者が法人の場合は、法人登記事項全部証明書(原本)・定款の写し(原本証明)
  11. 被害防除計画書・被害防除誓約書
  12. 代理人による申請の場合は、委任状
  13. その他

お問い合わせ

農業委員会事務局農地調整係

899-2292 日置市東市来町長里87番地1

電話番号:099-274-2124

FAX番号:099-274-4074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?