更新日:2020年5月15日

ここから本文です。

児童手当

令和2年度児童手当現況届について

児童手当を受給している方は、年1回の更新手続き(現況届)が必要です

現況届は、6月1日現在の世帯の状況を把握し、引き続き児童手当を受けることができるか確認するためのものです。

なお、期限内に提出がない場合、6月分以降の児童手当が受けられなくなりますので必ずお出しください。

提出期間

令和2年6月16日(火曜日)~令和2年6月26日(金曜日)

対象者

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

詳しくは、対象者に郵送する現況届や児童手当の案内等でご確認ください。

※混雑を避けるため、返信用封筒での提出にご協力ください。

児童手当制度の目的

児童手当制度は、児童を養育している方に手当を支給することにより家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的にしています。

手当てを受けるには

中学校修了前(15歳到達後、最初の3月31日まで)までの児童を養育し、かつ、その児童と一定の生計関係にある父又は母等に手当を支給します。ただし、扶養親族の数等により、所得制限があります。

新たに、児童手当等を受けようとされる方については、市役所の窓口で認定請求等の手続きが必要となります。

公務員の方は勤務先(日本郵政公社職員、国立大学法人、独立行政法人国立病院機構等の職員を除く。)

児童手当は、認定請求した日の属する月の翌月分から支給対象月となり、転出等により支給事由が消滅した日の属する月分まで支給されます。ただし、請求月が出生日や転出予定日の翌月になる場合で、出生日の翌日または転出予定日から15日以内に請求したときは、請求日の属する月分から支給されます。また、児童手当を受給している方は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(前年度の所得や生計同一関係など)を満たしているかどうかの確認のために毎年6月中に現況届の提出をしていただきます。

 

所得制限限度額表(平成24年6月以降)
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額(目安)

0人

622万円

833.3万円

1人

660万円

875.6万円

2人

698万円

917.8万円

3人

736万円

960.0万円

4人

774万円

1002.1万円

5人

812万円

1042.1万円

  • 手当の支給は、父又は母等(生計の中心者)の前年の所得(1月から5月分は、前々年の所得)によって、認定の可否を決定します。
  • 毎年6月1日から翌年の5月31日までを支給年度として、年単位で判定をします。
  • 所得制限限度額以上の場合、特例給付として支給します。

支給額

年齢別支給額
児童の年齢等 児童手当の額(1人当たり月額)
3歳未満

一律15,000円

3歳以上小学校修了前

10,000円

中学生

一律10,000円

特例給付(所得制限限度額以上)

一律5,000円

「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降の児童をいいます。

支給時期

毎年2月、6月、10月にそれぞれの前月分までが支給されます。

備考

申請時には印鑑、健康保険被保険者証、申請者名義の預金通帳等が必要となります。

お問い合わせ

市民福祉部福祉課(市福祉事務所)子育て支援係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9416

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?