ホーム > 移住定住 > 移住・定住者支援 > 空き家改修事業費補助金制度

更新日:2017年6月21日

ここから本文です。

空き家改修事業費補助金制度

日置市では、空き家の有効活用による定住促進を図るため、空き家を改修する一定要件を満たす所有者へ補助金を交付します。

空き家改修事業費補助金制度(PDF:225KB)

対象の空き家

  1. 所有者の住居が別にあり、1年以上未使用の築年数が10年以上の建物
  2. 空き家、空き店舗(以下、「空き家等」という)を改修して居宅とする建物
  3. 借家住宅、共同住宅、社宅、寮は除く

補助対象者及び補助要件

  1. 平成28年4月1日以降に、空き家等を購入して定住するため又は所有する空き家を借家として活用するため改修をする者(補助対象者は所有者)
  2. 改修をしてから5年以上居住すること
  3. 日置市定住促進対策事業費補助金交付要綱の交付を受けた住宅でないこと
  4. 延べ床面積の2分の1以上を居宅の用に供するものであること
  5. 工事完了した日から1箇月以内に入居できること(住民基本台帳に登録があること)
  6. 自治会に加入すること
  7. 市税その他の市の徴収金に滞納がないこと

補助金額

  1. 改修費用の2分の1以内上限50万円(例1:費用90万円→補助金45万円例2:費用200万円→補助金50万円)
  2. 同一の建物の補助金は1回限りとします

改修対象工事

  1. 増改築及び間取りの変更(新築工事及び建替工事を除く)
  2. 屋根のふき替え、塗装及び補修
  3. 樋の取替え及び補修
  4. 外壁の張替え、塗装及び補修
  5. 壁、床及び天井の張替え及び補修
  6. 建具の取替え及び補修
  7. 畳の取替え
  8. 段差解消工事
  9. 手すりの設置
  10. 台所、トイレ、浴室、洗面所等の改修
  11. 電気配線及びコンセントの取替え
  12. 1.から11.までに掲げる工事等に附属する電気及び給排水工事
  13. 1.から12.までに掲げるもののほか、市長が適当と認める工事等

申請に必要なもの

補助金の申請に必要な書類

  1. 補助金交付申請書(ワード:29KB)
  2. 事業計画書(ワード:35KB)
  3. 改修工事見積書(内訳明細の確認できるもの)
  4. 改修工事の内容等がわかる図面等
  5. 住宅全体及び補助対象工事の対象箇所の写真
  6. 住宅の売買契約書の写し又は賃貸借契約書の写し
  7. 空き家等が確認できる書類又は証明(ワード:31KB)
  8. 自治会加入に関する誓約書(ワード:24KB)
  9. その他必要と認める書類

工事が完了した場合に必要な書類

その他の提出書類

補助金交付決定後に、工事内容に変更があった場合に提出が必要となります

補助金変更申請書(ワード:25KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務企画部企画課企画開発係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9403

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?