ホーム > 移住定住 > 空き家情報 > 空き家バンクに登録(売買・賃貸)してみませんか?

更新日:2017年6月14日

ここから本文です。

空き家バンクに登録(売買・賃貸)してみませんか?

空き家バンクとは?

空き家を売却・賃貸したい人(所有者等)と、空き家を購入・賃借したい人とをつなぐための制度です。

空き家バンクの運営主体は日置市です。市は、所有者から登録申込を受けた空き家を調査し、情報を市のホームページ上に公開します。

物件の媒介(仲介)は、市と協定を結んだ県宅建協会の会員事業者に依頼します。

空き家地域財産!!財産になる前に…

空き家バンクへの登録を随時募集します!!

媒介(仲介)は、県宅建協会会員(不動産会社)が行いますので、安心して売買・賃貸を進めることが可能。

空き家所有者の皆さんは「売れないだろう…」「貸せないだろう…」と諦めていませんか?
近年、古い家屋が見直されており、若者等を中心に自らで修理・リフォームをする方も増えています。

諦めず、まずは相談ください!!

登録申込書(ワード:36KB)

登録カード(エクセル:23KB)

 

空き家調査

登録できる物件

個人が居住を目的として建築した戸建て住宅で、空き家となっているもの(予定も含む)。

すでに不動産業者に媒介・管理等の契約をしている物件は登録できません。

登録できる方

空き家等に係る所有権その他の権利により当該空き家等の売買、賃貸等を行うことができる方。

利用のながれ

  1. 賃貸・売却物件の登録
    市へ登録申込書及び登録カードを提出。(受付後、担当の事業者を決定します。)
  2. 現地調査
    市の担当者と担当事業者が現地の物件を確認します。所有者の同行もお願いします。(代理も可)
  3. 空き家バンク登録・情報提供
    調査後、物件台帳へ登録し、市のホームページ及び窓口で広く情報を提供します。
  4. 物件の交渉・契約
    入居希望の申し出があれば、所有者へ連絡します。契約交渉は、仲介事業者・所有者・利用希望者の3者で行います。

空き家バンクフロー

登録時に確認していただく事項

  1. 現地調査
    物件の現地調査を、市の担当者と事業者で行い、土地や家屋の状態確認や写真撮影をさせていただきます。
    その際には、所有者の立ち会いをお願いします。(代理も可)
    物件の状態によっては、登録できない場合もあります。
  2. 情報提供
    登録いただいた物件情報は、日置市のホームページ等に掲載。広く情報提供を行います。
    ホームページ等では、物件の現況及び写真等を掲載。個人情報は掲載しません。
  3. 契約・交渉
    登録申込を受けた時点で事業者を選定し、契約・交渉等は担当の事業者が仲介します。
  4. 市の役割
    市は、登録者と利用者との空き家等に関する交渉及び売買、賃貸借等の契約については、直接関与しません。
    契約等に関する一切の問題等については、当事者間・媒介業者で解決するものとなります。
    市は、物件登録及び管理、情報提供が主な役割となります。
  5. 手数料
    物件の賃貸・売買の契約が成立した場合は、所定の仲介手数料等を仲介する事業者へお支払いいただきます。

ご存知ですか?空家対策特別措置法(平成27年5月施行)

増え続ける空き家…これまで、個人の問題とされていた空き家問題ですが、本法の施行に伴い、社会の問題として、行政も対策を行うことになりました。

空き家の適正管理は所有者の責任です。放置しつづけ、危険家屋と判断されると、法的措置をとることとなります。

空き家をそのまま放置していると・・・

空き家のまま放置し、適切に維持管理を行わないと老朽化が急激に進みます。

風化した空き家は、防犯・防災上の問題や地域の景観悪化などの問題が心配されます。

お問い合わせ

総務企画部企画課企画開発係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9403

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?