ホーム > 市政情報 > 市の概要 > ピックアップ > 改元に伴う文書等の取り扱いについて

更新日:2019年4月12日

ここから本文です。

改元に伴う文書等の取り扱いについて

市から発送する文書等については、従来から原則として元号を使用しています。

「元号を定める政令」の施行により、5月1日から新元号(令和)となり、同日以降に市から発送する文書については原則として新元号(令和)を用います。

ただし、納税通知書に記載する納期限などのように、事務処理の時期の関係から新元号(令和)の記載が間に合わないため「平成」で表記しているものもあります。

元号が改まった後においても、「平成」で表記された期日等については、法律的に効果が変わることはありませんので、有効なものとして取り扱います。

なお、改めて文書等の発行や発送は原則として行いませんので、文書等において「平成」と表記されている部分は、新元号の対応する年に読み替えるようご理解をお願いします。

4月30日までに作成した文書等

平成」と表記し、5月1日以降の日付について、新元号で読み替えをお願いします。

5月1日以降の文書等

原則として「新元号(令和)」での表記とします。

お問い合わせ

総務企画部総務課文書係

899-2592 日置市伊集院町郡1丁目100番地

電話番号:099-248-9401

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?